HOME>オススメ情報>事前の情報収集が大切!マンションを売る前に必要な準備

マンションを売りたい人はまず何をするといいでしょう

マンションを売る際には不動産会社に相談しますが、安く買い叩かれないためにも、まずは相場価格を調べましょう。

売れるマンションの秘訣とは?

交通の便に恵まれている

マンションが売れるかどうかは、駅からの距離が重要となります。駅やバス停に近い物件ほど、高額で売れる傾向にあります。

周辺環境に恵まれている

ショッピングモールや病院のような施設に恵まれていたり、緑豊かな治安の良い地域のマンションは人気が高いです。

築年数が若くきれいに使用されている

築年数が若いほど人気が高く、築10年以内であれば高額での売却が期待できます。

管理状態が良く手入れが行き届いている

マンションは管理会社次第で印象が変わります。共有の場所が丁寧に管理されているマンションは、良い物件だといえるでしょう。

一般的な間取りで家具を配置しやすい

あまりに凝った造りのマンションは、使いにくく嫌われる傾向にあります。一般的な間取りの物件が好まれるでしょう。

ネットワークシステムを活用

マンション

マンションを売るつもりならば、買い手を探してくれる、交渉をしてくれる仲介役となる不動産会社を選ぶことになります。その不動産会社の中でも、仲介(媒介)会社と呼ばれるところを探します。自分が売り主になることはなく、個人や法人の所有物件の買い手を探してくれる会社になります。

幅広く宣伝する

男女

中古マンションを売るにしても、広告を出すなどしなければならず、信頼できる不動産会社を選んで、条件に合う買い手を探してもらうのが効率的です。中古マンションの情報は、国土交通大臣の指定を受けた指定流通機構が運営するネットワークシステムを利用して、どの不動産会社でも同じ情報を入手できます。これは、売買を円滑に進めるために、売却物件を登録し、幅広く買い手を探すための仕組みです。売り主に仲介を依頼された仲介会社だけが買い手を探すのではなく、多くの仲介会社がネットワークシステムの登録情報を取り出して、買い手を探します。

地元密着型が活躍

スーツの女性

一般的に、インターネットや情報誌に、異なる仲介会社が同じ物件の広告を出すことができます。マンションを売るにしても、大手に目が行きがちですが、特定エリアや地元に密着している不動産会社も沢山あります。駅前の小さな不動産会社でも、ネットワークシステムを活用すれば、大手と比べて情報量に大差はありません。むしろ、希望エリアでの売買の成約実績が多いことが大切であり、担当する営業マンの能力は大手、小手、関係ありません。

広告募集中